Googleの面接と実際にあった質問

Googleの面接とは?

Googleの書類選考およびリクルーターによる電話インタビューの後、実際に面接を行う事となります。
Googleの面接は、1回30分、4~5名の面接官と面接をします。面接は最大で4回程度です。とても穏やかな雰囲気であり、圧迫感はありません。
また、1回は英語ネイティブのマネージャとの英語での面接が含まれます。入社後も英語でのコミュニケーションは必須であり、職務上必要なレベルの英会話能力を見る為です。

Googleの面接官とは?

Googleに専任の面接官は居らず、エンジニアを含む社員の大多数が職務の一環として面接を行い、それによって評価をされています。
よって、実際に応募した職種のエンジニアが、直接面接をする場合も少なくありません。
彼らの評価は決まったフォーマットのシートに集約され、シニアマネージャーにより最終決定されます。

実際にGoogle面接であった質問

Googleの面接では、自己PRなどといった質問は少なく、論理的思考と発想力を強く問われる質問が並びます。

また、時にその場でホワイトボードに机上プログラミングや机上設計を行う事も少なくありません。

・国内にラジオ局はいくつあると思いますか?どう推測したかも教えてください。(
・あなたが社長になったとして、1年で1億円を作るためのアクションプランを教えてください。
・富士山を動かすにはどうすればいいですか。
・私にあなたの知っているTOPICSを何でもいいので話してください。
・箱いっぱいの鉛筆を渡されたとしましょう。それらの鉛筆の“一般的ではない”使用法を10個挙げてください。

これらを通じて、たった4つの指標に合っているかどうかを見極ていきます。

Googleは面接で何を評価しているか。

Googleは、賢明かつチームワークが得意で、仕事を成し遂げられる人を探しています。その為、以下の4点について評価がなされています。
・リーダーシップ
・職務に関連した知識
・考え方
・Google らしさ
「Googleらしさ」は言葉だけでは難しいですが、「嘘の無い誠実」「信念を持った上で物事のプロセスを考えられるか」といった内容です。
これらはGoogle人材募集サイトにて詳細が公開されています。
また、面接の質問の中身は自由ですが、この4点に関する質問が必ず含まれていなければならないようになっています。