SEとしてやっていく上での仕事の寿命

仕事、職業にはそれぞれ寿命があります。
定年退職までずっと長く続けることが出来る仕事もありますが、SEの場合には入社5年目で老年期を迎えると言われています。
同じ企業で5年もSEの仕事をしていれば、もう成長をすることはない、限界が見えているということになります。

また実際の年齢でいうと40歳がSEの寿命という考え方もあります。
40歳までに管理職に上がることができなければ、定年まで仕事をすることが出来ないと言われています。
管理職になれないようであれば、SEに向いていないということにもなります。
ですから転職をしたほうがよい、ということにもなるのです。

一般的にはSEの寿命は35歳とも言われているので、35歳までにSEの仕事にやりがいを見出すことができなくなった、という場合であったり、昇進をする可能性が低いと判断した場合には、転職をしたほうがよいでしょう。

SEの仕事をする企業によっても異なりますが、残業が多く、精神的にも肉体的にも疲弊をしてしまう場合があります。
中には1年間の休職期間を設けている企業もあるくらいです。
ですからかなりハードな仕事ということが出来るでしょう。
ある程度の年齢になると、今までのようなハードな仕事をするだけの体力がなくなってしまうこともあります。
そうなると、仕事を続けていくことも困難になります。

IT関連業は需要も高いですが、新しい情報もどんどん入ってくるために、古い考えや知識を持っている人を排除したいと考えることも多いです。
新しい人材をどんどん取り入れて仕事を進めていくということも増えてきているのです。
定年までSEの仕事を行っていきたいと考えているのであれば、常に新しい情報を吸収するように努力をしなければいけません。

企業で仕事をするだけではなく、フリーのSEとして起業をすることを考えてみるのもよいでしょう。
起業をすることによって、自分の思うような仕事をすることが出来るかもしれません。
とても大変なことではありますが、起業をすれば寿命はかなり伸びることになりますし、定年を超えても仕事をすることが出来るようになるかもしれません。

ずっとSEの仕事をしたいと考えているのであれば、早めに起業を考えたほうがいいかもしれません。
そうすることによって、顧客もつかむことが出来るようになるので、安定をした仕事をすることができるでしょう。

他の仕事よりも寿命が短いと言われているSEだからこそ、早い段階での起業も視野に入れるとよいです。