SIerからGoogleに転職できるエンジニアに求められるスキル

増えるSIerからの転職希望者!転職ランキングトップGoogleその人気の理由は?

一昔前は花形職業だったSIerも、今では「キツイ」、「残業が多く休みも取れない」、「給料が安い」などが理由でIT土方などと言われるようになってしまいました。せっかくSEとして優れたスキルを身につけたくて入社したのに、現実と理想のギャップに悩み、転職を考えるSEも少なくありません。また、実際にSIerから同業あるいは異業種への転職に成功している人もたくさんいます。

ではそういった人たちはどのような業界へ転職しているのでしょうか?様々な業種の中でもSEからの転職成功率が群を抜いて高いのがWEB系業界です。

WEB系企業も規模は様々です。大手ですとGoogleや楽天,NTTデータなどがありますが、数あるWEB系企業の中でも、「ITエンジニアが転職したい企業」としてトップに輝いたのはGoogleでした。(Tech総研のITエンジニア2000人の転職したい企業のアンケート結果による)

Googleはエンジニアだけでなく、世界中の人から注目されるサービス提供や技術を持つ企業として不動の人気を保っています。その人気のポイントを以下にまとめてみました。

・世界各国で数多くのユーザーが存在する大規模なWEBサービス開発に関われること
・高年収
・福利厚生がしっかりと整っている
・優秀な人材が多いので、一緒に働くことでスキルやレベルアップにつながる

以上、人気の理由は、Googleだけではなく世界的にWEBサービスを提供する外資系企業にも共通するものです。今回はこういった人気のWEB業界へ転職成功のための様々なお役立ち情報を紹介します。

SIerからのWEB系企業への転向。その採用動向は

昨今、IT業界の成長は著しく、常に人材が不足している状態です。2015年以降も、職種を問わずIT分野の人材需要は高まりつつあります。WEB業界においてもその成長・拡大に伴い、SI業界でのキャリア・経験を持ったエンジニアが求められる傾向があり、人材獲得競争は激しくなっています。

SIerからの転職のケースでみても、SIerからWEB企業へ転向するケースは非常に増えています。WEB系企業への転職動機では、「開発志向が強く、WEBの自社サービスに関わる仕事がしたい」という意見が最も多く聞かれました。

ただ、実際SIerからWEB業界へ転向して成功する人もいれば、失敗する人もいます。そこで、現在SIerに在職中で将来的WEB業界への転職を考え要る方必見、WEB業界への転職を成功できるポイントについて以下に紹介しますので参考にしていただけると幸いです。

SIerからGoogleへの転職を成功させるためには?

SIerの「受託開発」からWEB業者の「自社サービス」への転向は、ビジネスの経営スタイルやビジョンも全く異なるので、転職に向け事前にしっかりと準備しておくことが必要です。

また、ずっとSIerの環境に浸っていると、転職先のWEB系企業で必要とされる新しいスキルや情報にも疎くなりがちです。では、SIerに在籍しながら将来的にWEB業界への転向に成功できる秘訣とは何でしょうか?以下にポイントをまとめてみました。

転職希望先企業の人達との人脈を広げ、情報収集をする

SIer在職時から積極的に勉強会などでWEB業界の人と交流を持ち、向上心を持って勉強しましょう。SIerの中にずっとい続けてもスキルやキャリアの成長にはつながりません。WEB業界へ転向、例えばGoogleへの転向を考えているのであれば、そこに在籍する人たちがどんな考えを持ち、どういったマインドセットなのかを知り勉強することでキャリアップや転職に関してのモチベーションアップにつながります。

なるべく早い段階で行動を起こす

人材不足とはいえWEB企業側も、教育や将来的な伸びしろの面で、なるべく若い人材を求めており、特に30歳以降は敬遠される傾向があります。WEB業界への転向を考えているのであればなるべく早い段階で行動を起こしましょう。

仕事に対する自主性

同じソフトウェア開発の業務であってもSIerとWEB業界では大きな違いがあります。例えば,SIerは1つのプロジェクトを分業・細分化され業務を分担させられることが多いです。一方、WEB業界では1つのプロジェクト(仕様・設計・実装・テスト・インフラ構築・運用)全てを1人で担当することも珍しくありません。こういった状況を踏まえ、面接では、仕事に対する自主性やリーダーシップ力など向上心を持って臨める姿勢をアピールすることが大切です。

コミュニケーション能力

この場合のコミュニケーション能力とは、エンジニアとしての特化したコミュニケーション能力のことです。例えば、他のチームメンバーと円滑なコミュニケーションが取れ、良好な関係を保ちつつスムーズに仕事ができることです。

例えば、Googleの社員採用の最終面接では「エアポート・テスト」というテストが実施されます。テストの内容は「飛行機が欠航になり、空港で一晩一緒に過ごさなければならなくなったケースでも一晩中ずっと語り明かせられる人物であるかどうか」という基準でチームメンバー全員からの採用OKが出ないと不採用となってしまいます。

以上、転職を成功させるためにも事前の準備・対策はしっかりと行いましょう。また、さらに転職成功率を高めていくために転職エージェントを利用してプロの視点から転職活動をサポートして貰うのも有効な手段です。転職エージェントのメリットは以下の通りです。

・自分に合った転職先候補の紹介してくれる
・専門のエージェントが、転職希望先の企業の人事担当や現場スタッフに聞き込みをして、どのようなスキルを持った人材を求めているのか詳細を把握している
・転職後のミスマッチのリスクが下がる
・転職サイトでは見られない少数募集の案件など希少な情報を把握している

転職エージェントは多くの転職サポートの実績があり、面談・面接で希望先の企業に対してどのような部分を強くアピールするべきか等プロの観点で丁寧にアドバイスをしてくれます。特に、SIerからWEB業界への転職であればIT特化型のエージェントがおすすめです。代表的なところでは、レテバックキャリアやマイナビエージェント×ITなどがあります。登録・相談は無料なので、まずは試してみてはいかがでしょうか?